b.glen





おすすめのトライアルキットはこちら






毛穴 対策

毛穴の開く・黒ずみ対策におすすめ

吸着による肌にやさしい洗顔料
時間を巻き戻す化粧水
高濃度ビタミンC美容液で毛穴を引き締める
長時間潤いが続く保湿ゲル


毛穴対策コスメ 詳細はこちら



にきび 対策
敏感肌のかたにもおすすめ
大人ニキビ対策

刺激が少なく・うるおいを保つ
ビタミンCでトラブル肌をケア
保湿とバリアでニキビのできにくい肌へ



にきび対策コスメ 詳細はこちら




ほうれい線 対策

たるみ・ほうれい線ケアにおすすめ

うるおいを残しながら古い角質を落とす洗顔料と高保湿化粧水
角層の奥へ浸透し、高密度なハリを育む美容液
エモリエント効果の高い濃厚なクリーム



ほうれい線対策コスメ 詳細はこちら



シミ 対策


シミ対策・美白におすすめ

汚れや古い角質はもちろん、くすみの原因になる毛穴の中
で酸化した皮脂もしっかり吸着洗顔

高い保湿効果とブライトニング効果のある化粧水
高濃度(7.5%)のピュアビタミンCを配合した美容液
QuSomeR化ハイドロキノン配合のホワイトニングクリーム


シミ対策コスメ 詳細はこちら



ニキビ跡・対策


ニキビ跡対策におすすめ

ニキビの原因となる汚れや角栓をしっかり吸着洗顔
ニキビの炎症によってダメージを受けた角層の奥まで浸透する化粧水
肌の凹凸にも色素沈着にも効果的な働きをもたらす美容液



ニキビ跡対策 詳細はこちら




ビーグレンクリスマスセール

 

 

日程は毎年変わりますので・・ビーグレンセール情報は公式サイトにて

 

 

ビーグレンセール 詳細はこちら

 

 

 

ビーグレンとは・・

 

 

○ドクターケラーが開発した、特許浸透テクノロジーが
コスメの域を超えたスキンケア製品

 

○効果に満足いただけなかった場合は、ご購入後365日
以内は全額返金

 

○ニキビ、しみ、しわ、たるみ、毛穴の開き、毛穴の黒ずみ
でお悩みの方には特におススメ

 

 

 

こんな方にオススメです

 

○頑固なシミで悩んでいる 
○最近シワが増えてきて困っている
○毛穴の開きが気になる
○大人のニキビが治らなくて悩んでいる
○お肌がたるんで、顔が老けて見える

 

 

 

 

 

 

 

 

スキンケアおすすめガイド

念入りに余分な脂を流そうとすると、毛穴とそれに付随する汚れを除去できるので、皮膚に弾力性が戻る気がします。正確に言うとキュッと引き締まっていません。今までより毛穴を大きくさせるでしょう。
対策が難しい乾燥肌のケースでは、過度にお風呂に入ることはよくない行動です。そしてやさしく体を流し続けることが必須条件です。加えて入浴時間終了後に肌のツッパリを避けるには、ゆっくりする前に保湿ケアをすることが重要だと断言します。
血管の血の巡りをスムーズになるように心掛けると、肌が乾くのを防御できてしまうのです。以上のことから体の代謝機能を改善して、今までよりも血がサラサラにする食物も、乾燥肌を止めるのには良いと思います。
洗顔行為だけでも敏感肌体質の人は注意ポイントがあります。肌の汚れを取り去ろうとして綺麗な肌に必要な油脂もはがしてしまうと、日々の洗顔行為が肌荒れを作る理由になるといっても間違いではありません。
肌の状態が良いから、何もしないままでもとても美しい20代ではありますが、ちょうどこの時期に良くないケアをしたり、宜しくない手入れを長期間継続したり、コツコツやらないと年をとると酷いことになります。
無暗に美白を目指すべく製品を使用することはせず、ひとまず「日焼け」をした場所を学習し、もっと美白に関する情報を把握することが簡単な美白法だと断言できます。
よくある敏感肌の取扱において大切なこととして、今からでも「顔に対する保湿」を続けましょう。「顔に対する保湿」は毎夜のスキンケアの重要なポイントとされますが、傷ができやすい敏感肌ケアにも有用だと聞いております。
ソープを多用してゴシゴシと洗浄したり、まるで赤ちゃんを洗うようにこまめに洗顔行為をすることや、2分以上も徹底的に油分をそいでしまう自体は、乾燥肌をつくり出し毛穴により汚れを詰まらせると聞いています。
通常のスキンケアを行うにあたって、良い水分と良い油分を適切なバランスで補い、皮膚が入れ替わる動きや保護作用を衰えさせてしまわないように、保湿を着実に実行することが重要だと言えます
肌問題で悩んでいる人は、肌本来の治癒力も低減していることで酷くなりがちで、きちんと手入れしないと自己治療できないこともいわゆる敏感肌の特色だと聞いています。
布団に入る前の洗顔を行うケースとか手拭いで顔を拭くケースなど、たいてい強烈に強く擦っているのではないでしょうか。泡で優しく円状に力を入れないようにして洗顔したいものです。
アレルギーが出たということが過敏症の可能性が考えられます。一種の敏感肌だろうと悩んでしまっている女性が、要因は何かとクリニックに行くと、本当はアレルギーだということもあり得るのです。
洗顔により肌の水分量を、取り除いてしまわない事だって必要だと聞きますが、皮膚の不要な角質を残留させないことだって美肌に関係します。金銭的余裕がある時は角質を取って、皮膚を美しくするように頑張ってみてください。
毛穴が緩くなるため少しずつ開いていくから、保湿すべきと保湿力が良いものを長年購入してきても、結局のところ顔の肌内部の乾きがちな部分に注意がまわりません。
美容関連の皮膚科や美容推進のための外科といったお医者さんなら、友達にからかわれるような色素沈着の目立つ肌のシミ・ソバカス・ニキビ傷に変化を与える、パワフルな皮膚ケアができるはずです。